イボには大きく分けて2種類ある!

誰でも一度は体のどこかにイボができた経験があると思います。
大して酷くない程度のイボなら病院に行かず、自然治癒を待ったり市販薬を塗るだけで対処を済ませている方も多いのではないでしょうか。

 

ウイルス性イボ

 

ひとくちにイボといってもその種類は多岐にわたり、なかには軽く見ないほうがよいイボも存在しています。
放置していても自然治癒の可能性が低いイボもあれば、市販薬が全く通用しないようなイボも決して珍しくはないのです。
体のどこかにイボができたら、舐めてかからずイボの種類や原因を特定することをオススメします。

 

数が多過ぎるため、ここでイボの種類を全てご紹介するわけにはいきません。
しかし、イボには大きく分けて2種類が存在するということを知れば、ある程度イボの種類を区別できるようになるはずです。

 

そこでまずは、イボの二大原因となる「ウイルス性イボ」「老人性イボ」の違いについて解説します。
対処法がそれぞれで全く異なるため、この2種類の違いを知るだけでもリスクコントロールに役立つはずですよ。

 

ウイルス性イボ

 

ウイルス性イボとは、皮膚にウイルスが感染して発生するイボです。

 

主に「ヒトパピローマウイルス」が発生源となったものをウイルス性イボと呼びますが、「ポックスウイルス」が原因となる水イボなどもウイルス性イボの一種として扱われることがあります。

 

ヒトパピローマウイルスは確認されているだけでも100種類以上がおり、どのウイルスに感染するかによって症状が変わってきます。

 

ウイルス性イボの厄介なところは、他人にうつる可能性があることです。
接触感染で人から人に感染していくので、温泉やプールなどで知らない人からウイルスを貰う可能性があります。

 

また、ウイルス性イボはむやみに触ると別の場所にウイルスが移ってしまうため、イボがよけいに増えてしまい、治りが遅くなるため注意が必要です。

 

老人性イボ

 

老人性イボとは、加齢によって発生する良性腫瘍の一種です。
小さいサイズのものは「アクロコルドン」などと呼ばれ、女性にとっては美容の天敵として嫌われています。

 

老人性イボの原因はウイルスとは無関係で、主に加齢などで肌のターンオーバーが上手くいかなくなることで発生します。
ウイルスの感染によって発生したイボとは違い、老人性イボは古い角質が堆積したものだと考えてください。

 

老人性イボが痛みや痒みを伴うことはありませんが、放置していても治りにくいのが特徴です。

 

もしもお肌に老人性イボができてしまったら、「クリアポロン」などのイボケア化粧品を使用し、
肌の保湿や角質ケアに気を配ったほうが良いでしょう。

 

クリアポロン

 

クリアポロンはメーカーの公式サイトから簡単に購入できるので、興味のある方は公式サイトにアクセスしてみてください。

 

首や顔、デコルテなどのイボ、角質のポロリケア♪クリアポロン

ウイルス性イボができる原因とは?

ウイルス性イボができる原因は、皮膚にヒトパピローマウイルスが感染することです。
では、肝心のヒトパピローマウイルスはどのような経緯で私たちの肌に感染してしまうのでしょうか。

 

感染経路はいくつか考えられますが、最も多いのは「傷口」です。
ヒトパピローマウイルスは健康な肌にはなかなか侵入できないのですが、皮膚に小さな傷口があったりするといとも簡単に入ってきます。
擦り傷や切り傷がある場合はもちろん、本人も気付いていないような小さな傷口から感染するケースもありますので注意が必要です。

 

ヒトパピローマウイルスは地球上のどこにでも普通にいるウイルスですが、空気感染することはありません。
人間から人間へと渡り歩くウイルスなので、ウイルス性イボに感染したということは、「接触感染」したという証拠です。
温泉やプールでウイルスを貰うケースもあれば、スポーツ中や握手といった接触で感染する可能性もあります。

ウイルス性イボを予防する方法は?

ウイルス性イボは誰がいつ感染しても全くおかしくない症状です。
しかし毎日のちょっとした予防対策によって、感染リスクを大きく下げることが可能です。

 

というのも、感染力が高いと思われがちなウイルス性イボですが、実はそこまで簡単に人にうつるものではありません。
「傷口の近くにウイルスが接触する」という第一関門がそもそもそう簡単に起こる状況ではありませんし、仮に接触したとしても正常な免疫力を持った人ならウイルスを自然に駆逐できます。

 

予防する方法もいたってシンプルで、「皮膚を常に清潔に保つ」ということだけでも充分な予防効果が見込めます。
傷ができたら消毒し、普段から手洗いや入浴を欠かさないようにすることで、ヒトパピローマウイルスの侵入を阻むことができます。
皮膚は清潔にして保湿や紫外線対策を施すだけでも、皮膚本来のバリア機能が高まるため、ウイルス感染のリスクを下げることに繋がるのです。

 

また、一般的にウイルス性イボが発生する人は体調不良や睡眠不足などの原因で免疫力が弱っている傾向にあることがわかっています。
万が一ウイルスが接触したときでも免疫力によって排除できるよう、健康的な生活を心がけることも大切だといえるでしょう。

ウイルス性イボは自宅でケアできる?

症状の程度にもよりますが、ウイルス性イボはわざわざ病院に行かなくても治せる場合があります。
ウイルス性イボに使える市販薬は街の薬局でも簡単に手に入るので、症状がそこまで重くないなら市販薬から試してみてもよいでしょう。

 

ただし、市販薬を塗ることで悪化したり、全く効果が無かったりというケースも報告されているため、市販薬の使用が心配だという方は病院で医師の診断を仰いでください。

 

また、注意してもらいたいのは「イボ用であればどの薬を選んでも良いわけではない」ということです。
市販薬のなかにはウイルス性イボには使用できないタイプのものもありますし、同じウイルス性イボであっても「尖圭コンジローマ」などの症状には使用できないものも多いです。

 

病院に行かず市販薬での治療を試みる場合は、薬剤師さんと相談して自分の症状や原因に合った薬を選ぶように心掛けてください。

 

ウイルス性イボは自然治癒することもある

特に男性などは、ウイルス性イボができても、大して気にも留めず放置してしまう方が少なくありません。

 

ウイルス性イボを放置することが完璧な対処とは到底言えませんが、実は絶対に間違っているとも言い切れない側面があります。
というのも、実はウイルス性イボは免疫力の強い人なら放置していても勝手に治ってしまうことが多いイボでもあるのです。

 

人間には免疫力があり、皮膚にウイルスが侵入してきても自動的に排除する働きを持っています。ところが体調不良や睡眠不足といった原因で一時的に免疫力が乱れると、その隙にウイルスが侵入してイボを作ってしまうというケースがあるのです。

 

免疫力の低下が一時的なものであった場合、免疫力の回復と共にウイルスは死滅していきます。

 

放置していたせいで悪化してしまうというケースも多いため推奨はできませんが、自然治癒の可能性もあるのでしばらく様子を見るのは悪い手段だと断言することもできません。ウイルス性イボに感染したら、自然治癒の可能性も考慮しつつ、慌てず対処することが大切になるのです。

ウイルス性イボを病院で治療する方法とは

ウイルス性イボは自宅でケアすることも可能ですが、やはり確実性を求めるなら病院で治療してもらった方が良いでしょう。
医師の診断を仰げば、万が一イボの正体が別の病気だったという場合にも早期発見にも繋がります。

 

ここでは、病院でウイルス性イボを治療する際によく用いられる2種類の治療法についてご紹介しておきます。
それぞれメリット・デメリットがありますので、これから病院で治療を受けたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

凍結治療

 

凍結治療は、イボの治療方法として最も広く用いられているものです。
−196℃の液体窒素をイボに押し当て、凍傷でイボを焼き切って治療するという方法です。
この治療法はウイルス性イボ・老人性イボに関わらず使われます。

 

凍結治療のメリットは、「治療費が安く済むこと」です。
イボの凍結治療には保険が適用されるので、医療費は3割負担で済みます。

 

一方で、凍結治療には「痛みを伴う」というデメリットもあります。
皮膚の一部を凍結させて焼き切るわけですから、イボが大きければ大きいほど強い痛みを感じます。
また、皮膚の奥深くにウイルスが残っていた場合はイボが再発する可能性が高いため、完治までには数回の施術を受けることがほとんどです。

 

レーザー治療

 

レーザー治療は、最近になって普及してきた新しい治療法です。
炭酸ガスレーザーをイボに直接当て、凍結治療よりも適確にイボを除去することができる治療法です。
こちらも凍結治療と同じく、ウイルス性イボ・老人性イボのどちらにも適用できます。

 

レーザー治療のメリットは「肌への負担が少ない」ということです。
イボだけを確実に狙うため余計な皮膚を傷つける恐れがなく、出血や痛みも少なめです。

 

デメリットとしては、「治療費が高額になる」ことが挙げられます。
残念ながら現在の日本ではイボの治療に対するレーザー治療が保険適用外となっており、凍結治療とは比べ物にならない金額がかかります。

 

自由診療なので料金は病院によって異なりますが、レーザー治療を受けるなら数万円単位の医療費がかかることは覚悟しておいたほうがよいでしょう。

ウイルス性イボにも種類がある!

この記事では便宜上「ウイルス性イボ」と呼称していますが、ウイルス性イボとは決して特定の症状を指す言葉ではありません。

 

あくまで「ウイルスの感染によって発生するイボの総称」なので、ひとくちにウイルス性イボといってもウイルスの種類や感染場所などによって症状名も変わるのです。

 

そこでウイルス性イボをより見分けやすくするために、ここでは代表的なウイルス性イボの種類についてご紹介しておきます。
自宅ケアでは治すのが困難な症状もありますので、原因に思い当たる節があったらすぐに病院で治療してもらいましょう。

 

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

 

一般的にウイルス性イボと呼ばれているものの多くは「尋常性疣贅」という症状です。
難しい名前に見えますが「尋常性」は「普通」、「疣贅」は「イボ」を表す言葉なので、要するに「普通のイボ」ということですね。
その名の通り、ウイルス性イボのなかでは最も感染する可能性の高いありふれた症状です。

 

症状が深刻化するケースは少なく、尋常性疣贅の多くは直径1〜2o程度の小さなイボです。
ウイルス性イボのなかでは特別感染力が強いということもありませんが、イボをかきむしったりすると全身に広がる恐れもあります。
もちろん他人にうつる可能性も否定できませんので、決して油断することはできない症状です。

 

青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)

 

「青年性扁平疣贅」は、10代〜20代の青年期にかかりやすいと言われているウイルス性イボです。
感染経路や原因は尋常性疣贅とほぼ同じですが、尋常性疣贅とは感染するヒトパピローマウイルスの種類が異なります。

 

青年性扁平疣贅によって発生するイボは大きさにバラつきがあり、0.5o程度のものから1oに達するものまで確認できます。
尋常性疣贅との違いは、イボ全体が扁平型に隆起している点で見分けることが可能です。

 

一度でもでき始めると爆発的なペースで数を増やしていく厄介なイボですが、実は自然治癒の可能性が高いのでそう心配することもありません。
青年性扁平疣贅は、最初の1個ができてから1〜2週間で勝手に収束することが多いため、治るまでの間に他人にうつさないように注意していれば大して問題の無い症状だといえます。

 

尖圭コンジローマ

 

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルスが性器に感染することで発生するイボです。
男性特有の性病だと思われがちですが、女性でも同じように感染するので油断はできません。

 

痛々しい見た目とは裏腹に、実は痛みを伴うケースは稀だといわれています。
尖圭コンジローマの恐ろしさは症状そのものではなく、ウイルス性イボのなかでトップクラスの感染力の高さを誇るという点にあるのです。
性交渉によって感染するため、感染者本人も気付かないうちに不特定多数の人間にウイルスをばら撒いてしまうケースが多発しているのです。

 

デリケートな部分だけに、尖圭コンジローマには一般的な市販薬の使用ができません。他のウイルス性イボよりも完治までに時間がかかる症状でもあるので、尖圭コンジローマの発生に気付いたらすぐに病院で治療を受けてください。

アクロコルドンはウイルス性イボ?

首まわりや顔などにできる「アクロコルドン」に悩んでいる女性はかなり多いようです。
アクロコルドンは直径1〜2oのごく小さなイボで、一ヶ所に何十個もまとまってできることも多い症状です。

 

アクロコルドン

 

アクロコルドンの正しい対処法を知らず、イボコロリなどの強力な市販薬を塗ってしまう方もいるようですが、ハッキリ言ってこの対処法は間違いです。

 

というのも、アクロコルドンはウイルス性イボではなく「老人性イボ」の一種なので、市販薬でウイルスを死滅させようと試みたところで何の効果も得られないのです。

 

それどころか、イボの市販薬には「サリチル酸」という皮膚への刺激が強い薬剤が使われているため、肌がダメージを受けてアクロコルドンを増やしてしまうリスクさえあるのです。

 

アクロコルドンを治すためには、ウイルス性イボとの違いをハッキリと理解しておかなければなりません。
原因も対処法も全く違うので、それぞれの違いを簡単にご説明しておきましょう。

 

アクロコルドンとウイルス性イボの違いは?

 

アクロコルドンとウイルス性イボの最大の違いは、その「発生原因」にあります。
ウイルス性イボは「ヒトパピローマウイルスの感染」によって発生しますが、アクロコルドンはウイルスや雑菌とは無関係です。

 

アクロコルドンが発生する原因をひとことで言うなら「肌のターンオーバーの乱れ」です。
加齢や肌ダメージの蓄積によってターンオーバーが乱れると、本来は自然に剥がれ落ちるはずだった古い角質がそのまま残ってしまいます。

 

古い角質が剥がれないので、その下からどんどん新しい角質が積み重なっていき…最終的には大きな角質の塊になっていきます。
この「古い角質の塊」こそが、アクロコルドンの正体なのです。

 

このようにアクロコルドンの発生にはウイルスが関わっていませんので、市販のイボ取り薬では治すことができません。
アクロコルドンを改善するためには、原因である「肌のターンオーバーの乱れ」を改善する必要があるといえるでしょう。

 

アクロコルドンは自宅ケアでも改善できる

 

アクロコルドンは市販のイボ取り薬では治せない…と言いましたが、勘違いしないでほしいのは「治らないわけではない」ということです。
それどころか痛みもなく悪化のリスクも少ないアクロコルドンのほうが、ウイルス性イボよりもよっぽど治しやすいといえるでしょう。

 

アクロコルドンを改善するためには、肌のターンオーバーを正常化する必要があります。
そもそも肌のターンオーバーが乱れたことで発生しているイボなので、改善したいなら原因を元から絶つのが手っ取り早いのです。

 

肌のターンオーバーは「乾燥」「紫外線」「摩擦」などの原因で乱れると考えられています。

 

それは逆に言えば、肌が乾燥したり、紫外線を浴びたり、摩擦によるダメージを受けたりする場面を減らすことで、ターンオーバーを解消できる可能性があるということです。普段の生活習慣を見直しつつ、優れた保湿クリームや日焼け止めを活用して徹底的にスキンケアを行っていきましょう。

 

アクロコルドンを治すなら「クリアポロン」がオススメ

 

自宅でアクロコルドンを改善したいなら「クリアポロン」というクリームを使うのがオススメです。
クリアポロンは古くなった角質のケアに特化した保湿クリームで、アクロコルドンに悩む多くの女性に支持されています。
医薬品ではなく化粧品なので、副作用の心配もなく安心して使えるのも魅力です。

 

クリアポロンの効果のゆえんは「ヨクイニンエキス」や「あんずエキス」をバランスよく含んでいることです。実はヨクイニンやあんずエキスには肌のターンオーバーを促進する働きがあることが分かっており、これらの成分は昔からイボの治療に使う漢方薬としても重宝されてきました。

 

また、クリアポロンには保湿効果が非常に高いことで知られる「ヒアルロン酸」や「アラントイン」も配合されているので、アクロコルドンのできにくいしっとりとした肌をキープするのにも役立ちます。

 

女性向けの口コミサイトなどでも評価の高いクリアポロンですが、実は現在ドラッグストアなどで購入することはできません。
類似品との混同を避けるため、クリアポロンはメーカーの公式サイトのみの限定販売になっているのです。

 

公式サイトにはクリアポロンの効果や原材料などに関する情報が詳しく載っていますので、興味のある方はぜひ公式サイトを覗いてみてください。

ウイルス性イボとアクロコルドンの見分け方は?

ウイルス性イボとアクロコルドンの対処法は全く異なります。
そのため、今自分の肌にできているのがどちらのイボなのかを見分けることが、正しい対処法を取るために必要不可欠だといえます。
むやみに市販薬を使うのではなく、まずはしっかりと症状を確認するところから始めてみましょう。

 

まず、アクロコルドンの特徴として「痛みや痒みが無い」というものがあります。
アクロコルドンは古い角質の塊であり、そもそも神経が通っていないため、患部から痛みや痒みを感じることは有り得ないのです。
もしもイボに痛みや痒みを感じたら、それはアクロコルドンではなくウイルス性イボの一種であると判断してよいでしょう。

 

アクロコルドンとウイルス性イボでは、見た目も大きく違うことがあります。
基本的にアクロコルドンは肌と全く同じか、やや茶褐色に近い色をしているものです。

 

アクロコルドンが炎症を起こすようなことは無いので、赤くなっているというケースはほとんど見られません。
もしもイボ全体が赤くなっていたら、ウイルス性イボやニキビの可能性を考慮するとよいでしょう。

 

大きさで見分けようとする方もいますが、残念ながら大きさだけで判断するのは難しいです。

 

ウイルス性イボは感染するウイルスの種類によって大きさが異なりますし、長年放置しているとアクロコルドンも大きくなって「懸垂性繊維腫」などの症状になる場合があるためです。また、ここでご紹介した見分け方はあくまで目安であり、医師に診断してもらわなければ確定することはできないので注意してください。

イボの種類を見分けて正しい対処法を心がけよう!

体のどこかにイボができてしまったとき、最初に行うべき対処はイボの種類を見分けることです。

 

ウイルス性イボと老人性イボでは使える薬も違いますし、同じウイルス性イボであっても対処法はウイルスの種類によって異なります。
むやみやたらに市販薬を使うのではなく、まずは「病院に行くべきかどうか」を判断するのが良いかもしれません。

 

先ほど、ウイルス性イボは放置しておいても自然治癒することが多いというご説明をしましたが、やはり確実に治したければ医師の診断を仰ぐのが一番です。ウイルス性イボは思わぬタイミングで人にうつってしまうケースもあるので、早期の治療がウイルス性イボの蔓延を防ぐことにも繋がるでしょう。

 

その点アクロコルドンはウイルス性イボとは違い、わざわざ病院に行かなくても自宅ケアできるぶん楽ですね。
クリアポロンなどのイボケア化粧品を上手く活用しつつ、生活習慣を見直すだけでもアクロコルドンの改善や予防に役立ちます。

 

アクロコルドンは数日で治せるほど簡単な症状ではありませんが、健康に害を及ぼすようなことも無いので焦らず気長にケアしていくことが大切ですよ。

 

ちなみに参考ブログには、アクロコルドンの原因やよく効く成分などについても詳しく解説されていますので、気になる方はクリアポロンの口コミブログを読んでみてくださいね。

 

参考:クリアポロンが顔や首のイボに効果的?でもイマイチな口コミもある